脊柱管狭窄症はリハビリがとても大切|様々な療法がある

女医

手術することはない

聴診器

腰や太ももにしびれや激痛が起きて長く歩くことができなくなったり、歩きはじめるといきなり足にしびれが出て歩行困難になるような症状があれば脊柱管狭窄症の疑いがあります。脊柱管狭窄症は背骨に入っている脊髄の管の脊柱管が、主に加齢により狭くなってくることで起こります。患者は主に50歳以上の中高年男性に多いです。脊柱管狭窄症は放置しておくと次第に悪化して、歩行困難になってきます。しかし脊柱管狭窄症になっても、いきなり手術するということはほとんどないです。症状の経過を観察して手術以外で改善させていくことが一般的です。治療には薬物療法や注射、コルセットで固定する固定療法、電気やマイクロ波を使う電気療法やマッサージやストレッチで改善していく手技療法や運動療法があります。

脊柱管狭窄症のリハビリとして近年運動療法が注目を集めています。脊柱管狭窄症になると歩いていても途中で休むことが多くなります。無理に歩く必要はないのですがある程度歩かないと足の筋力が落ちて生活能力が低下してくるのです。気軽にできるリハビリとして無理のない範囲で散歩してみる、自転車に乗って足の筋肉を強化するなど実施すると効果的です。他に脊柱管狭窄症のリハビリとして効果がある運動療法には、腹横筋、内腹斜筋を鍛えると体幹が安定してきます。効果が高いのがドローインと呼ばれるお腹をへこませる運動があります。仰向けになって膝を立てお腹をへこませて鍛えます。また猫背を改善させると脊柱管狭窄症の治療になります。他に効果的なリハビリ法として腸腰筋のストレッチなどがあります。