脊柱管狭窄症はリハビリがとても大切|様々な療法がある

先生

手術することはない

聴診器

脊柱管狭窄症になると太ももや腰のしびれや痛みで歩くのが困難になります。加齢などで背中の脊柱管が狭くなることで起きる症状です。治療は薬物療法や注射や電気療法、運動療法などで改善してきます。最近運動療法が注目されていて、軽い散歩や他にはリハビリには腹横筋を強化したり腸腰筋のストレッチなどがあります。

この記事を読む

病院と自宅で続けよう

病院

脊柱管狭窄症になると腰に痛みが出ますが、筋肉を動かさないようになると退化してしまうのでリハビリを行うことが大切です。まずは病院で理学療法士に指導してもらってリハビリを行い、自宅でも自分でできる簡単なリハビリをするとよいでしょう。

この記事を読む

脊柱管が狭い病の理学療法

シニア女性と先生と看護師

理学療法と装具治療

脊柱管狭窄症では脊髄神経の通り道である脊柱管が狭くなって脊髄神経を圧迫し、腰痛や下肢の痛み・しびれなどの症状をおこします。この病気の治療には、薬物療法・運動療法を含む理学療法・腰椎コルセットなどの装具による保存療法と手術による降圧術があります。理学療法・運動療法と装具治療からなる脊柱管狭窄症リハビリは、症状が軽い場合に単独でおこなわれたり手術後の運動機能を回復させるための訓練法として実施されます。脊柱管狭窄症に対する理学療法リハビリの種類には、マッサージやホットパックを用いる温熱療法などがあり、背中や腹部の体幹筋の緊張を和らげたり血流を増やして腰痛や下肢の傷みを一時的に軽くする効果があります。腰椎コルセットを着用すると、歩行距離をのばすことができ痛みを減らします。

運動療法の種類と効果

脊柱管狭窄症の理学療法に運動療法を加えると、腰痛と下肢の傷みを減らす効果がさらに高まります。運動療法によるリハビリには、背中・腰と腹部や太ももの筋肉を強化し柔軟性を取り戻すストレッチ体操や屈曲運動からなるウイリアムスの腰痛体操・座る姿勢を保てる静止自転車・ルームランナーともいわれるトレッドミルでの歩行運動・水の浮力を利用するプール内歩行・ヨガや太極拳などが勧められています。リハビリ運動をすることによって姿勢が改善され腰部と腹部の筋肉が強化されます。又自然の鎮痛物質であるエンドルフィンが産生され、筋肉や神経への血液循環も改善されます。これらの結果として腰痛や下肢の傷みが鎮まり、脊柱管狭窄症の腰痛の原因になる太りすぎや背中・腹部や脚の筋肉の萎縮も防ぐことができます。

運動療法でQOLを保つ

眼鏡の女医

脊柱管狭窄症は脊柱管とよばれる部分が狭くなることで神経や血管が圧迫され足のしびれや痛みなどがでる病気です。治療には薬物療法、注射、リハビリなどがあり、なかでもリハビリは生活の質を保つため重要です。正確にできるようになるまでは専門家の指導のもとやるようにしましょう。

この記事を読む